引っ越しする時期で価格は変わるので。

引越しをいつ決行するのかということも、見積もり価格に大変な影響を与える重要項目となるものです。

前回と変わらない荷物の量でその時は3万円くらいだったから今回だってその程度だろう、とお願いしたところ倍以上の金額がかかったということも考えられます。
特に注意したいのが、引越しする人がたくさんいる季節です。
一年のうちで一番高騰するのが、3月だと伝えられています。
この期間に見積もりを提出してもらうと、高くつくことになってしまうわけです。
予定を動かせる場合は、シーズンに入る前に引越しをしたり、遅らせて3月を回避するようにしましょう。
ひと月ぐらい動かせる場合は、4月よりも2月にずらしたほうが低価格となるでしょう。

他にも、8~10月も高い傾向にあるようです。
ちなみに、月のはじめ頃のほうが月末より割安とされています。
その理由としては、月の最初からということで賃貸物件に暮らし始める人が多数いますよね。
そういった理由で、月末は依頼者が多くなり、料金が高額になってしまうのです。

費用を安くしたいのであれば、月の初めに日程を組むことをおすすめします。
引越しを決行する日が明らかになってしないようでしたら、「○日~○日までで最もリーズナブルな日はいつか」という話をしてもらうといいですね。

どうしても決まった日に引越しをしなければいけない場合は、梱包や荷解きを自分で片付け、業者にお願いする分を減らして低価格で済むようにしましょう。
タイミングにより個別の業者の価格設定も変わってくるので、数社の比較を行った上で契約することも大事になってきます。
どういうポイントを押さえていれば料金を安くできるのかを交渉し、こうした条件に沿うようにするのもいいでしょう。