引っ越しする時期で価格は変わるので。

引越しをいつ決行するのかということも、見積もり価格に大変な影響を与える重要項目となるものです。

前回と変わらない荷物の量でその時は3万円くらいだったから今回だってその程度だろう、とお願いしたところ倍以上の金額がかかったということも考えられます。
特に注意したいのが、引越しする人がたくさんいる季節です。
一年のうちで一番高騰するのが、3月だと伝えられています。
この期間に見積もりを提出してもらうと、高くつくことになってしまうわけです。
予定を動かせる場合は、シーズンに入る前に引越しをしたり、遅らせて3月を回避するようにしましょう。
ひと月ぐらい動かせる場合は、4月よりも2月にずらしたほうが低価格となるでしょう。

他にも、8~10月も高い傾向にあるようです。
ちなみに、月のはじめ頃のほうが月末より割安とされています。
その理由としては、月の最初からということで賃貸物件に暮らし始める人が多数いますよね。
そういった理由で、月末は依頼者が多くなり、料金が高額になってしまうのです。

費用を安くしたいのであれば、月の初めに日程を組むことをおすすめします。
引越しを決行する日が明らかになってしないようでしたら、「○日~○日までで最もリーズナブルな日はいつか」という話をしてもらうといいですね。

どうしても決まった日に引越しをしなければいけない場合は、梱包や荷解きを自分で片付け、業者にお願いする分を減らして低価格で済むようにしましょう。
タイミングにより個別の業者の価格設定も変わってくるので、数社の比較を行った上で契約することも大事になってきます。
どういうポイントを押さえていれば料金を安くできるのかを交渉し、こうした条件に沿うようにするのもいいでしょう。

値下げ交渉のポイントは?

数多くの引越し業者の内容を照らし合わせてみる場合、各社が提示してきた見積もりの中身を比較するのがポイントです。

引越し業者によって価格には差が見られますが、見積もりを見ればきちんと比較することが可能です。

妥当な金額はいくらくらいなのかを認識するためにも、できる限り色々な業者と比較しましょう。
それだけ少ないとしても三社には申請しておくべきですね。
なお、引越し金額の相場を判断しようとする場合、気を付けなければいけないポイントがあります。
一例としては、相談をしていくことで多少なりとも金額を下げることが可能という点です。

もしも、見積もりが5万円だと仮定します。
それで納得してしまうと5万円の支払いを余儀なくされるわけですが、ほとんどの引越し会社が、値切りに対応しています。
うまく交渉すれば、4万円近くまで落として依頼することができるケースもあります。
値下げが実現したとしてもたかが数千円のものだろうと捉えている人もいるかもしれませんが、万単位で安くしてもらえることも珍しいことではないのです。
そうであれば、値段の引き下げをお願いしたほうがお得ですよね。

つまり、引越しのための見積もりを照らし合わせるなら、値下げ交渉を行なった後の料金を比較検討することが望ましいでしょう。
相場より高めに料金を設定しているところでも、積極的に交渉をしたら他の会社以下の金額に落ち着いたという場合もあるのです。
いくつもの値引き方法が存在しますが、他のところと比較を行いたいと伝えると、「我が社では○円まで値引き可能です」と言われることは多いようです。

あらかじめ自分の中の理想的な金額を考えておいて、この金額に一致するような業者があった場合、早めに決めるといいでしょう。

梱包作業を自分で済ませて安くする。

引越しの見積もりを受け取ったときに、なんとかもっと安く抑えられないのかと思い悩む人も少なからずいるようです。
言うまでもなく、数社を比べてみて、見積もりを改めて確認することも大切です。
ですが、自分で行える範囲内のことは自分で終わらせたほうが、金額を大幅にダウンさせることが可能になります。
例の一つとして、ダンボールを引き渡されることから始まり、荷造り、運搬、配置、荷解きといったことを全て任せてしまうと、そのぶん費用はかかることになってしまいます。

けれども、自らダンボールを調達して梱包作業をし、引越し業者に運送を任せたら、自分で荷解きの作業を済ませると、低料金で済ませられるでしょう。
仕事が忙しくて時間を捻出できないという人も、マイペースでも着実に準備に取り組むといいのではないでしょうか。

一週間で用意を済ませるのは困難でも、一ヶ月ぐらいのスパンで作業を行えば、自分だけでも荷物は片付くのはないでしょうか。
また、荷物を全て運送してもらうのではなく、自分一人で運ぶことができるぶんは、一人でなんとかするようにしましょう。

引越しの見積もりでパックをチョイスする場合、使いたいパックだとどれほどの荷物の量が同じ値段で運送してもらえるのかを聞いておきます。
それを超えることが予想される荷物は、自力で新居まで持ち込むというのはいかがですか。

レンタカーを使ってしまうとそちらのほうが高くついてしまうことも多いので、友人などにサポートしてもらうのも賢いやり方ですね。
引越しのタイミングによっても見積もり金額が変わってくるため、前に利用した業者と再度契約を交わす時にも、一回一回金額は調べてみましょう。

目先のサービスに惑わされない!

引越し業者別で、行っているサービスには違いがあります。

多種多様なサービスがあるものですが、詳細は見積もりを依頼する時に調べておくといいでしょう。

 

一例としては、料金不要でダンボールを提供してもらえるサービスは一般的になっていますね。

荷造りをする時などは、相当な量のダンボールがないといけませんよね。
とはいえ、ホームセンターなどで買うにしても、たくさん購入すると意外に高額になる可能性があります。

近所にタダでダンボールがもらえるスーパーなどがあるようなら入手可能ですが、自分で準備するのは億劫に感じますよね。
こうした際に都合がいいのが、ダンボールを無償でくれるサービスです。
受け取れる数に限度はありますが、魅力的なことに変わりはありません。

 

しかし、引越しの見積もりを比べているタイミングでダンボールを渡しにくる引越し会社も存在します。
この段階でその業者に確定するか明らかになっていないなら、持ち帰ってもらったほうが無難です。

お金がかからないと言われても、ダンボールを置いて行かれてしまうと、そこと契約を交わさなければならないような雰囲気になってしまいます。

それ以外にも、ある引越し会社だとタダで提供してくれるサービスも、別の引越し会社だとお金を取られてしまうこともあります。
とはいえ、とある業者は基本料金が高めに決まっていて、異なる業者に有料で依頼したとしても蓋を開けてみたら割安だったというころもあるのです。

壊れたら使えない家具や家電を運搬してもらうのですから、単純に安ければ問題ないという話ではないでしょう。
引越しの見積もりがなるべく自分に適した会社を決定するには、丁寧に比較作業をすることが最も重要となります。

電話応対や補償もしっかりチェック!

引越しの見積もりに関しては、できれば多くの会社に出してもらうと良いでしょう。

一つ一つの業者で価格やサービスに差が見られるので、一つの業者だけでは見比べることが不可能です。

 

比べておきたい内容は数多くあります。

第一に、働いているスタッフの感じの良し悪しです。
引越しの見積もりを行なってもらうためのやりとりというのは、だいたい電話で進行することになります。

最近はひとまとめにしていくつかの業者に見積もりを要請できるサイトもありますが、そのようなサイトを使用しても、それぞれの業者との話は自らすることが求められます。

電話で細かく説明をしてもらう時に、印象の良い業者と、あまり良くない会社の場合があります。
電話口のスタッフが当日来るとは限りませんが、電話に出るスタッフというのは、その業者を代表する人といっても過言ではありません。

こうしたことから、電話での雰囲気が悪い業者は回避したほうが失敗しません。

 

この他、補償の問題も明らかにしておきましょう。
仮に、引越し時に家の中や家具が損傷した際には、どういう形で補償がなされるのか確認します。

業者ではほぼ、複数の補償を備えていますが、引越し料金がおかしいくらいに安い業者であると、補償があまりなされないのかもしれません。

引越しの見積もりを比較するというと、値段だけに気を取られてしまいやすいものですが、この他にも注意を払わなくてはいけないことは数多くあるのです。

 

個々の業者のホームページを比べることによっても、行なっているサービスや応対方法の相違を比べてみることができるでしょう。

極力詳細に照らし合わせてみるためにも、早い時期から調べることを始めたほうがいいですね。

単身プランと家族プラン

引越しの見積もりを請求するに際しては、あらかじめプランを決定するというのが通常です。
一件一件の業者で提供しているプランや、中身は異なっています。
したがって、しっかり検討してから頼むことをおすすめします。

様々なプランが存在しますが、どこでも設定しているのが単身プラン、それから家族プランになります。

 

単身プランは、一人暮らしを始める人や、転勤が決まった人に適しています。
一人での引越しということもあり、持参するものがそれほどない人が選べるプランになっています。

単身で引越しをするとしても、荷物の量が多過ぎたり、大型のものが入っていると、単身プランが使えないこともあります。

荷物量がどのくらいまでなら利用可能なのかは各業者が決めているため、あらかじめ調べておくことをおすすめします。

 

家族プランというのは、大きな荷物でも運搬してくれます。
一人の力では移動できないものがある時は、家族パックを利用してみてはどうでしょうか。

家族の人数が多い場合、運搬するものも多量にありますよね。
知り合いに手助けを求めることができない時は、業者頼んだほうがスムーズに引越しを済ませることができるでしょう。

 

荷物がどれくらいかや条件は人によって違うので、特定の人の意見だけに注目して業者の選定をするのはやめましょう。

見積もりを依頼するだけでも大体の費用が分かるので、先に数社に見積もりを申し込んで、さらにパックの比較作業を行いましょう。

どの部分を業者に頼るのかによっても費用はかなり変動します。
自分でできることは自分で行い、あまりお金がかからないようにしましょう。

見積もりを依頼する方法は?

引越しの見積もりをお願いする場合、何通りかの手段があります。

一般的に行われるのが、インターネットを利用して請求する方法です。
業者ごとに個々に作成されたフォームを使っても問題ありませんが、ひとまとめにして見積もりすることが可能なサイトも存在します。
そして、電話で直接申し込みをするというのもポピュラーですね。
申し込み時には聞かれるのは何かといえば、電話番号や住所などの情報とは別に、引越し内容なども尋ねられます。

電話終了後に改めて確認すると、遅くなってしまうので、先にいくつかのポイントを理解しておくといいでしょう。
インターネットを使って申し込むのなら、時間を問わずに入力をしていけますね。
ひとまず、引越しを行う人数という点を確認されます。
これに関しては、状況や人数によって、チョイスできるパックが変わるためです。
単身パックというのは多くの会社に存在しますが、家族向けのパックに関しては、引越しをする人の数で価格が変わるのが普通です。

加えて、引越しのスケジュールも問われます。

どんな家具や家電があるのか細かく聞かれたり、入力を求められる業者もありますが、見積もりを済ませる前に下見に足を運んでくれるところもあります。

下見を済ませてもらえば、より具体的な確認ができるため、非常に確実な価格を示してもらえることでしょう。
引越しシーズン中はなかなか予約することが不可能になるため、見積もりは少しでも早いうちにお願いしておいたほうがいいですね。
さらに予約もできるだけ早くしておくと良いでしょう。

業者の特徴をしっかり比較

引越しをすることが決まったら、トラブルなく引越しができるように、業者別の特徴を照らし合わせてみましょう。
個々の業者に見積もりを頼むのは時間がかかりますが、この頃ではまとめて何社もの業者に見積もりが依頼できるサービスもあります。
まとめてできるサービスを使うと、煩わしい住所などの入力作業も時間をかけずに終わらせられます。

その後はそれぞれの会社から返信がくるまで待つのみです。
どの業者にするか選ぶ場合、自宅の付近にある業者にだけ見積もりを要請するという人も少なくありません。

でも、業者ごとに行なうサービスや値段というものは大きな差があります。
数万円の違いが結果として出ることも珍しくありません。
引越しが終わったあとは、なにかとお金がかかる機会も多いですよね。
必要な家具や買い足さなければいけないものなど、購入しなければいけない品も少なくないでしょう。

そういった場合に、引越しで生じる費用をどれほど安くできるかというのは、大変大事になると言えるでしょう。
「他の業者はここに比べて良心的な価格だった」と喋ると、その会社よりも低い価格にしてくれる業者がかなりあるようです。

多くの業者にまとめて見積もりを要請することで、いくつかの業者が価格を競ってくれることになります。

どの会社も顧客の開拓に躍起になっているので、数多くのところを見比べるほうが、より快適なサービスをしてくれる会社を見つけ出せるでしょう。
なかなか時間が取れなくて、比較の作業に時間を割けない人でも、一括比較サービスを選べば、業者ごとの違いもすぐに分かります。